tyousa

何らかの理由で急にお金が必要となった時、自分の貯金だけでは賄えないという場合も少なくありません。

そういった時に利用したいのが収入証明不要カードローンですが、これらのサービスは申し込みをすればすぐに利用できるという訳ではなく、審査を受ける必要があるためすぐに使えないのではと考えてしまう人も多いでしょう。

しかし近年では即日審査が可能となっている会社も多くなってきて、必要となったその日のうちにローンを利用しやすくなってきています。

ただ、そういった会社を見つけるためにはどうしたらいいか、またスムーズな審査を受けるためにはどういった準備が必要なのかをきちんと知っておいた方が良いでしょう。

まず最初にどうやって会社を見つけるのかですが、その方法としておすすめしたいのがインターネットです。

インターネットは24時間いつでも使えますし、スマホやPCなどネット環境さえあればどこでも見る事ができるので、気になった時すぐに探しやすく重宝します。

また、ネット上にはランキングサイトも多くあり、初めて使う人であっても人気の高い会社を選ぶ事で安心してローンの利用がしやすくなるというメリットもあります。

そしてホームページのある会社ならば、ホームページから直接メールで申し込みが可能になっている事が多く、営業時間中は自分も仕事で店頭や電話での申し込みができないという人が利用しやく便利であるという点も大きな魅力のひとつです。

そしてスムーズな審査を受けるためには、事前に必要となる書類などを用意しておくと良いです。特に絶対に必要となる本人証明書、必要となる場合の多い収入証明書の2つは必ず用意しておいた方が、スムーズな手続きをしやすくなります。

収入証明書は必要としない会社も増えてきましたが、一定以上の金額の借り入れをする場合は必要となるので用意しておいた方がスムーズな手続きをしやすくなるでしょう。

収入証明書不要で借りられるカードローンはこちらを参考にしてみてください。

また、会社ごとに必要となる書類は違っているのでホームページなどで事前に確認しておく事も重要です。

必要となる書類をあらかじめ用意しておかないと、申し込みをしてから慌てて用意する事になるので用意できなかったり、余計な手間がかかる原因になるため注意しなくてはいけません。

お金が急に必要となった時、カードでのローンは非常に重宝しますがその日のうちに審査が終わるかどうか、そういったお店でスムーズに手続きをするために何が必要なのかを知っておいた方が良いです。

インターネットを利用すれば時間や場所に関わらず情報を確認でき、申し込みまで可能で重宝しますからおすすめです。

カードローンを使って最大限の融資を受けるには

カードローンでおなじみのローン機能付きカードは、一度カードさえつくる事ができれば、何度でも繰り返し借り入れや返済が可能なお気軽融資と言えるものです。

金融業界では、商品としてこのローン機能付きカードを提供していますが、銀行では審査が難しく、逆に消費者金融のカードは、条件さえ整えばどなたでも作る事ができると言われています。

では、両者の違いは、どういったところにあるのでしょうか。まず、銀行のローン機能付きカードは、審査が厳しいと言われていますが、消費者金融のように即日でカードを作る事はできません。

これは、2018年1月から、銀行の審査の見直しが進められた事によるもので、それまで銀行でもその日のうちにカード作成が可能でしたが、これ以降は即日での審査や借り入れは不可能となりました。

利用者側から見れば、銀行側の姿勢がいかにも不公平に映るかもしれませんが、これは厳正を期するための銀行側の姿勢ともいえるものです。

こうしてみると、銀行でのローン機能付きカードは、あまりメリットが見られないように思われますが、銀行を利用する最大のメリットと言えば、消費者金融などに比べて、金利が安い事が挙げられます。

同じ金融業界であっても、消費者金融のサービスと銀行のサービスとでは、同じ商品であってもかなり隔たりがあるようです。

例えば、消費者金融でローン機能付きカードを作成する場合、審査の段階で利用者の最大限度額が決められてしまいます。

もちろん、銀行でも審査の段階で利用者の最大限度額が定められますが、銀行の場合は利用者の状況に応じて、この最大限度額を増やしていく事も可能なのです。

どうしてこのように、同じ貸し金業者でありながら、双方に違いが生じているのでしょうか。実は、銀行には銀行法という法律が存在しています。

一方で消費者金融など、そのほかの金融業者には貸金業法という個別の法律が存在しており、お互いに間もななければならないルールが異なっているのがその原因なのです。

最大限度額とは、いわゆる総量規制というものに当たり、銀行には総量規制がない為、極端な話利用者に対していくらでも融資が可能という事になります。

逆にそのほかの金融業者では、利用者の収入に応じて年収の1/3以上の貸し付けは行ってはいけない事が法律で定められている為、審査によって決められた最大融資枠は、基本的に変更される事がないわけです。

消費者金融系カードローン比較

questionnaire-2834264_640

カードローンの手軽さは、逆に言えば特に必要でない場合でも利用できる事から、使いやすさというよりも使い過ぎによる注意が必要となります。

その為にも、利用目的を明確にし、責任を持って返済していけるかどうかの判断を行いながら、お金を借りなければなりません。

いわゆる、ご自分のライフスタイルに合わせていきますので、その判断基準はどこに重きを置くかで変化しますが、お金を借りて返済するのは、どのカードローンにおいても変わることはありません。

カードローン比較は、銀行と消費者金融などでは、対応する法律などの違いもあり、双方を簡単に比較する事はできません。したがって、比較してみる場合、個別に比較するのが最善と言えるでしょう。

また、金融庁から銀行へ向けて、過剰な貸出を制限するように指導が行われた為、2018年度から銀行での借り入れに対して、各々の銀行で自主規制が設けられています。

銀行といえば、総量規制にとらわれない借り入れが可能でしたが、この自粛措置により年収規制の自主導入や即日融資が不可能になってしまいました。

金利面では、まだまだ銀行の優位はありますが、消費者金融の業界でも低金利の商品が提供されるようになってきました。

人気の消費者金融系カードローン

アコム 

自動契約機むじんくんでおなじみですが、三菱UFJフィナンシャルグループでもあり、何と言っても30日間金利0円サービスは目玉といえます。またクレジット機能付きのカードローンも存在しています。

アイフル 

女性専用カードローンの「SuLaLi」というサービスでも知られていますが、他にもサービスにキャッシングローン・事業サポートプラン・かりかえMAX・おまとめMAXなどがあります。

ジェイスコア

J.Scoreは2017年 9月にサービスを開始した新たな消費者金融ですが、みずほ銀行とソフトバンクが提携している事もあり、これまでになかった新たなサービスが魅力となっています。

これまで、消費者金融の金利の高さから、銀行系のカードローンを選択するケースもみられました。しかし、実質年利0.8%~12.0%の実現は、利用者にとってかなり魅力的に映るのではないでしょうか。

プロミス

主なサービスとしてはフリーキャッシング・レディースキャッシング・自営者カードローン・目的ローン・貸金業法に基づくおまとめローンなどがあり、条件にもよりますが30日間金利0円サービスも行っています。